人気ブログランキング |

熱中症と対応について

暑い時期が続いていますね。
私も取材で外で撮影をしていると汗だらけになり集中力が落ちその後の作業がきつくなります。

この時期、外の作業でしていて恐いのが熱中症です。

私は以前、趣味の真夏の釣りで軽い熱中症を起こしたことがあります。
一週間くらい体調が悪くなり5kgほど体重が落ちたことがあります。

その経験から気をつけていることは水分補給はもちろんですが、お茶などではなくポカリスエットを飲むようになりました。
最近ではTVなどで特集されてますから知られていますが、体の中の水分の浸透圧の関係で汗で水分が出て行くのとともに塩分も体から排出されます。

お茶などで水分補給をしても塩分補給ができないと熱中症を起こす危険があります。そこで一番簡単な対策としてポカリなどのスポーツ飲料が一番のお薦めです。
私は携帯用のポカリとその他に500mlの大きなポカリも購入し携帯ポカリが無くなると大きな容器から携帯用に詰めて水分補給をします。

*夏場のポカリは良いのですが春、秋の時期は糖分が多いので控えます

熱中症になった場合は幾つか注意が必要です。
・必ず救急車を呼ぶこと!

救急車が来るまでは
・日陰で横、仰向けになる
・濡らしたタオルなどをお腹につけて体を冷やす
・水分を補給

友人が倒れたときには救急車が来るまでは上の処置を行いますがタオルで冷やしても体の内部までは冷えない。
また、意識が無いときは水分補給は肺に水が入る危険があるためダメ。

熱中症の場合は体の内部に熱がこもり皮膚を冷やしてもダメなのでとにかく救急車を呼ぶことが大事だそうです。
医者での処置は生理食塩水の点滴などを行うそうですが、熱中症は恐く、

命を落とす危険がある

外での作業を行う方は充分にご注意ください。
by tamo-arai | 2006-07-15 11:02 | 日々感じたこと