人気ブログランキング |

<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

私のホームページ歴

私が初めて趣味でホームページを立ち上げたのはかれこれ10年ほど前でした。

何かおもしろいことを書けないかな~と考えて立ち上げたのがTVの”多事争論”を真似た今ではサイト名も忘れてしまったサイトでした。

ここには時事ネタについて自分で考えたことを書いていたものです。


それから組み込み機器のソフト開発に携わったときに開発側の視点から製品ラインナップ情報や不具合対策を現場で回る営業さん向けに、出向先の大手企業内に承認を頂き企業イントラ内のみ閲覧可能なサイトを立ち上げました。
この時使用したのはAdobe社のGoLiveです。


平行して趣味で立ち上げた釣り(フライフィッシング)のサイトのリトルライズサイト
を立ち上げたのが2001年。

このサイトは総アクセスが30万件に達しようとしています。

SEOもかなり有効でキーワード検索においては数万件のサイトからトップ表示を幾つか獲得しているサイトです。


その後、趣味で遊んでいたホームページを仕事に使用と前社でWEB事業と立ち上げて本格的に仕事として扱いました。

ここからMacromedia社の環境に本格的に移行しました。


趣味のもうひとつのサイトとして副業としてネットショップサイトのフライセレクション

このサイトを勉強の一環としてECサイトとしても運営したのがきっかけでフライフィッシングのフライ(毛ばりですね)製作ももうひとつの仕事の肩書きとしてついてしまった訳です。


WEBを仕事で…昔はその気など毛頭ありませんでしたが趣味もつきつめていくといろんな可能性があるんですね。


なんてことを思い出してました(^^)
by tamo-arai | 2006-10-31 21:03 | 日々感じたこと
仕事の休みが全くなくてなかなかブログ更新も進みませんでした(^^;

さて、私も趣味を含め複数のブログを持っています。

ブログというのは確かに便利です。

使い方によってはアフィリエイトも活用できますし一般の方が趣味であれ仕事についても(このサイトのように)簡単に情報を発信することができます。

ホームページ製作~という仕事もやっていますのでブログがこれだけ一般の方が使われると仕事が減ってこまる…ということは全くないのです。

ブログはブログの良いところがあり、ホームページはホームページで良いところがあります。
(この違いは営業活動の時にご説明していますので割愛します)

簡単にはページを見ての通りだと思いますが企業がブログメインでネットで情報発信やそれ以外のサービスをするのはまず無理でしょう。

仕事をしていると、実際にこの話は無理であってお客さまはブログで~などということは毛頭ありません。
しかしホームページ運営の一部としてブログの有効性が高まったことは間違いありません。

ブームというのは怖いものでとにかく”続く、生きているページ”にならなければホームページ運営同様”死んだサイト”になるのも確かです。
まあ~ただで好きな事が情報発信できるのですから面倒なら止めても…ですね(笑)


猫も杓子もブログ大盛況の時代になったのは間違いないですね。
by tamo-arai | 2006-10-31 20:48 | 日々感じたこと
ある番組で某有名な年配の俳優さんがおっしゃったお言葉。

この言葉にはとても感銘いたしました。

 一人で仕事をしているから孤独

こういった場合もあるかもしれませんが意図は違うと思います。

責任が重くなって苦しい時、逃げ出したい時、うんざりするのは誰でもあります。
逃げられる人は幸せかもしれない。

でもその責任や仕事は誰かにのしかかります。

仕事に対する責任感を重く受け止めていくようになれると言葉の意味が分かってくるのではないでしょうか。

仕事というのは誰かが助けてくれるものです。
逆に助けてもらわないといけない。一人で抱え込む必要はありません。

お互い助け合いが必要です。

助けてもらうにも責任があります。助けてあげるにも責任があります。
責任は共有することができません。
それではなぁなぁな仕事しか出来ません。良いものは出来ないし進歩も無いでしょう。

その責任を乗り越えて行ける人だけが自分に自信をもって独り立ちできるのでは無いでしょうか。

俳優さんは誰もが知っている二枚目、年配の優しそうな男性で俳優仲間も多いでしょうが、
”仕事は孤独だよ”とこの方がおっしゃた事の重みはとてもとても私の心の支えになってくれました。
by tamo-arai | 2006-10-07 19:13 | 日々感じたこと

XX一器用な日本人

”世界一 器用な日本人”

とは昔の仕事仲間の先輩の口癖でした。うそかほんとかはしりません(笑)

組み込み向け機器のソフト開発をしていた頃です。

組み込み向けソフトを大勢で分担しオブジェクトを作成、マージしたプログラムを当時はEPROMに書いてました。

EPROM…当然Erasableですから電子レンジみたいな紫外線で消すとチーン! で消去完了。

そしてまた新しいオブジェクトをEPROMに書く。

その後に対象の製品機器を分解して奥底の基盤にEPROMを貼り付けて動作確認。

今から10年弱前のちょっと不便な時代の話です。

基盤の分解はROMの更新の度、何度も何度も行います。

手が入らなくてビスをまわすドライバーもなかなか奥まで届かない...

それでも”世界一器用な日本人をなめんなよ~♪”と一緒に歌いながら分解しては組み立てての毎日でした。

器用とは手先が器用ということです。

とても繊細な器用さが日本人の特徴であると私も思います。

建築にしても土木にしても多様な業種がありますが日本人は独特の民族であり学力は下がってきている昨今の時代のようですが器用さは変わらないと願いたい。

私はどんな仕事にしても、手の届かなくて”やめちゃおうかな~”とくじけそうになるときに

”世界一器用な日本人をなめんなよ~♪”

この言葉を思い出して、”あとちょっと”だけ、がんばるようにしています(^^)
by tamo-arai | 2006-10-03 22:14 | 日々感じたこと